Translate/言語翻訳

2017年1月30日月曜日

富士山の絶景に感動!十国峠

真鶴岬めぐりの後、湯河原の娘宅で宿泊。
早起きしなくてもいいと気が大きくなり、久々の酒盛りコースへ。
案の定、二日酔い気味の状態でのスタートとなりました(反省)
よ~く考えたら、昼間の真鶴岬めぐりでも飲んでいたので、
ビール4,000ml/焼酎コップ一杯/ワイン×ボトル半分の飲酒量でした。
と言う状況なので、ケーブルを使ったこと許してくださいネ^^;
本当のことを言うと、朝、胃がシクシク痛むような…感じでした…

◆1月29日(日) 十国峠~岩戸山~湯河原
◆所要時間: 4時間25分
◆コース: 
熱海駅=バス=十国峠登り口=ケーブル=十国峠10:20~東光寺~
岩戸山七尾原~七尾峠~
千歳橋~14:45湯河原駅

集合写真へ 登録者のみ
参加者のコメントへ

参加者(敬称略):オッチイ、塚まり、よっちゃん、ぷう、どら


十国峠山頂にて
十国峠
すばらしい展望でした。
こんなキレイな富士山を見たのは久しぶりです。
さすが十国が見えるという展望の山ですね。
ちなみに十国と言うのは、信濃(長野)・甲斐(山梨)武蔵(東京)・下総(千葉北)・上総(房総中央)・安房(房総南)・遠江(静岡西)・駿河(静岡東)・相模(神奈川)・伊豆(伊豆半島)の十国です。


背中の富士山に驚いた場面
残念ながら海側は、ポカポカ陽気のため霞んでいて、見えたのは初島まででした。
見えるはずの大島は見えませんでした。
そして富士山を背に
気持ちのいい尾根を歩きます。
午後から曇ってきたので、逆コースだと富士山は見れませんでしたネ(ラッキー!)



実朝の碑には伊豆の歌が
十国峠~東光寺
源実朝(鎌倉幕府三代将軍)の碑がありました。

箱根路を わが越えくれは 伊豆の海や 沖の小島に 波のよるみゆ

シンプルな歌ですが、小島は初島のことですね。





山積みの小さなお地蔵様
さて東光寺で、不思議な物を発見!
小さなお地蔵様が山積みになっていました。









灌木のアーチの道が続きます
東光寺~岩戸山
竹に囲まれた気持ちのいい登山道が続きます。
岩戸山への登りは短いので、楽々コースです。







三角点指さし^^
岩度山の山頂は狭いですが、テーブルもあり、
昼休みには最適ですね。
ただし一つしかないので、譲り合いましょうね。
三角点の指さし、やってみました^^






伊豆の海を鑑賞中
岩戸山~七尾峠
道が交錯しているので分かりにくいですが、
方向を外さなければ下山できます。
右の写真は、
泉越トンネルの上を通過したあたりです。
伊豆の海を鑑賞中です。




真鶴岬が見えました
七尾峠~千歳橋~湯河原
右手に海を見ながらの下山です。
昨日歩いた真鶴岬が見えます。
う~ん、感慨深い…
ちなみに、この後は舗装路歩きになります。





蝋梅は終わりかけですね
途中から、蝋梅や梅の花、みかん畑が続きます。
みかんは、地面のあちらこちらに落ちていました。
拾っていいのかな?
蝋梅は、終わりかけですね…






うぐいすに逃げられた^^;
うぐいすに向かってシャッターを切りましたが、
飛び去ってしまいました(ザンネン!)
ということで、梅だけの写真です。

(おしまい)