Translate/言語翻訳

西日本豪雨被災地支援・TV朝日どらえもん募金 へのご協力、ありがとうございました。
当募金は7月22日(日)をもちまして、終了いたしました。

2015年11月13日金曜日

登山届について考えてみたら・・・

皆さんは、登山届を出していますか?
自治体によっては、義務付けている山もあるようですが、
そもそも、何のためにあるのか?から
登山届について考えてみたいと思います。

登山届の最大の目的とは,
自身が遭難したときに、早く、見つけてもらうため!
これに尽きると思います。
間接的、副次的には、
登山届を書くこと自体が、綿密な計画をたてることにつながる。
他人が遭難した時の、問合せ先として、協力できる。
などなど、他の意味合いもありますが・・・



さて、その登山届の提出先は、どこがいいと思いますか?
どらの場合、非難が出そうですが、
登山ポストへの投函には、現状では否定的です。
理由は、管理体制の不備にあります。
個人情報が書かれているのに、鍵がついていないことが多い。
中には、壊れているものさえある。
回収の管理体制が見えない。
あきらかに放置してるのでは?と疑われるものも・・・
登山届からストーカー被害にあったなんて話もあるほど・・・

となると、提出先はインターネットサイト、あるいは交番、駅になりますね。
そこでどらは、
遭難発生から助けてもらうまでのフローを考えてみました。
ポイントは、2番目の「誰かが気づいて警察へ連絡」の部分です。
逆に言えば、誰かが連絡しない限り、助けに来ないということ^^;
ということで、どらは、この部分に登山届の取り扱いの的を絞っています。

 どら流登山届     
◆コースと時間について記載
  ・スタート駅(またはバス停)から下山先までのルートを記載
  ・ポイントとなる中継点のおおよその通過時刻
  ・変更の可能性のあるルート
  万が一の時に、どこを重点的に探せばいいか、
  わかるようにしています。
  あと単独の場合は、通過ポイントごとに家族にメール発信^^b
  内容は「**到着」と簡単なもの。
  電波が通じれば・・・ですけど。
◆警察への連絡条件
  ・**時までに連絡がなければ、警察へ連絡

これは、一般に流布している登山届の見本には、警察への連絡条件
なんて項目はないですよね。
正直、なぜないのか不思議です^^;
心配症のご家族だと、早い段階から捜索依頼が出て、実は自力で
下山できる状況だったとか・・・
あるいは、家族間がドライ(うちじゃぁないよ^^;)で、
数日たって連絡して、手遅れになるとか・・・

どらは、季節・気象・山の状況・持って行く装備・非常食を考慮して、
山行ごとに警察への連絡日時を指定しています。
例えば、今日の夏山だったら、凍死の心配はないので、
万が一の連絡は翌日の○○時でOKとか・・・

ということで、コース、通過時刻、警察への連絡時間をメモにして、
家族に残すようにしています。
家族に出すだけなので手軽だし、警察への連絡時刻が過ぎるまでは、
家族に心配をかけることもないしネ・・・

まあ、リスクマネジメントは人それぞれでしょうが、
手軽さと安全性、そして家族への安心の提供といった観点で、
いい方法だと思っています^^b

(おしまい)