Multi-lingual translator

お知らせ


2020/06/19 今月19日に県をまたぐ移動制限が解除されました
2020/06/16 オーレン小屋泊(8/22~23)の計画ですが、予約が一杯のため8/29~30に変更しました(8名まで予約確保済)
2020/06/11 本日6月11日、関東甲信越は梅雨入りしました

2020年6月30日火曜日

雨の中の花三昧 南沢あじさい山

家を出る時は、それなりの雨でした。
天気予報では、午前中は小雨、午後からは曇り。
あじさい鑑賞中は小雨、山登りが始まる頃からは曇りの展開の計画でしたが…
午前中は雨、午後からは小雨、下山後に曇り(ショック!)
本来の計画だと雨の中の山歩きになるので、コースを変更しました。
ちなみにこの南沢あじさい山! 
7年前に初めて行ったときは人も少ないマイナーな山でしたが、
人気が上がりましたね。
もっとも入場料も200円→300円→500円に上がりましたが…
南沢あじさい山
当初は十里木へ下山する予定でした











6月28日(日)奥多摩
南沢あじさい山
参加者 ひまわり しろに グッチ こまくさ どら
コース
武蔵五日市駅9:30~穴澤神社~あじさい橋~南沢あじさい山入口~
あじさい山(沢沿い)~金比羅尾根合流時点~金比羅山~金比羅神社~
金比羅尾根合流時点~山の神(尾根筋)~お花畑~武蔵五日市駅

集合写真へ
参加者のコメントへ

2020年6月20日土曜日

高幡山はあじさい一色

県をまたぐ移動はまだ自粛中。
遠くへは行けない…とすると…
あじさいの季節なので、近くの高幡不動尊(高幡山)
さすが日本三大不動尊のひとつですね。
建物も立派ですし、見ごたえがありました。
200種類以上、7500株のあまりのあじさいには
圧倒されるばかり。
たまにはこういうハイキング?もいいかも(笑)

6月15日(月)高幡不動尊(高幡山)
高幡不動尊境内図
八十八ヶ所巡り











2020年6月11日木曜日

山登りの歳時記-7月はどこへ行く?

コロナとうまく付き合う時代がやってきましたね。
簡単ではないと思いますが、
経営側も消費者側も変わらざる得ないと思います。
変化にもっともよく適応したものだけが生き残る
とダーウィンも言っていますからね…
ということで左のイラストも、密でない絵にしました。
今年の夏山はテント泊主体かな…
さて7月はどこへ行こうかな?
山開き等のイベントの予定については、割愛します。


7月01日(水) 半夏生
7月07日(火) 小暑 七夕
7月14日(火) 鳥海火合わせ神事
7月19日() 土用
7月21日(火) 土用の丑
7月22日(水) 大暑
7月23日() 海の日 かたしなゲレンデクライムRUN
7月24日() スポーツの日
7月25日(土) 季節の彩湖ハーフマラソン
7月26日( 信州山の日
7月29日(水) 2019年のこの日、関東甲信越が梅雨明けしました

2020年6月1日月曜日

ぼっちハイキング 雹留山

非常事態宣言解除!やっと解除されましたね。
とはいえ、県をまたぐ移動は自粛継続中…
ということで、
秋川の南を走る秋川丘陵を歩いてきました。
混んでるかな? そんなわけないか! 
誰とも会わないぼっちハイキングでした。
最後に蔵元発見!
もちろん…寄りました(笑)

5月29日 雹留山
コース: 
武蔵増戸駅~山田大橋~網代トンネル~雹留山~二条城址(休憩)~
秋留橋~中村酒造(試飲&購入タイム)~秋川駅

2020年5月25日月曜日

ウイズ・コロナの時代へ 山小屋運営

やっと緊急事態制限が解除されました。
とはいえ社会は、コロナと付き合いながらの世界になっていくようです。
進化の世界では、
変われるものだけが生き残ることができる。
ダーウインの名言に、
生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。
絶滅した恐竜にならないためにも、各業態で、前向きに変わっていく姿勢が必要なんでしょうね。

なんだか社会全体が、自然回帰・地方回帰への方向へ向かいそうな気がします。
そう考えると、娯楽分野でもアウトドア人口は増えるのではないか…と。
都会で密集せざるえない娯楽から、田舎で密集しない娯楽への方向転換ですね。
自分自身が山登りをしていて、こんな山小屋があったらいいな(笑)
その観点で山小屋の運営を考えてみました。