Multi-lingual translator

お知らせ

お知らせ
2019年山行記録のスライドショーが完成しました(2020/01/26)
1/26弘法山~阿夫利神社下社は中止となりました(2020/01/22)
避難小屋泊は4/24~4/25に変更。槇寄山~三頭山~ヌカザス尾根」に決定。このコースはオツネノ泣坂の伝説のコースとなります(2020/01/14)

2019年10月28日月曜日

大雨の関東から沖縄へ

10月16日~23日に2年連続ですが、
沖縄へ行ってきました。
沖縄は台風銀座と言われるほど台風の多い地域ですが、関東と違って、被害はほぼ皆無だそうです。

理由を羅列すると以下になります。
古い建物でもほとんどが石造り、  新しい建物は鉄筋コンクリート。
台風慣れしていて、社会の仕組みが台風前提になっている。
台風に対する先人の知恵が蓄積されており、子供でも教育されている。
河川が短く、溜まった水はすぐに海へ流れ出す。


行程(中6日)
1日目 車海老レストラン「珠屋」・比地大滝トレッキング・
          オクマプライベートビーチ&リゾート
2日目 備瀬のフクギ並木・ハイアットリージェンシー瀬良垣
3日目 本部港・オリオンビール工場・道の駅許田
4日目 イオンモール沖縄ライカム
5日目 沖縄そば「むかいや」・東南植物楽園
6日目 齊場御嶽・ひまわりの塔・カフェくるくま・琉球ガラス村・
     道の駅いとまん・国際通り

前回行かなかったマイナーな場所中心に、グルメ旅行を楽しみました。
印象に残ったお勧めの場所を紹介しますね。


2019年10月24日木曜日

台風19号の爪痕!高尾山はどうなってる?

台風19号の被害は、本当に甚大ですね。
被害を受けた皆様には、一刻も早く、平穏な生活に戻れますようにお祈りいたします。

さて、山登りを計画する身としては「登れるのかなぁ?」と気になる毎日…
関東の山は安全を確認しないと、なかなか計画しづらい状況です。
とはいえ、我慢できないのがヤマノボラーの皆様ではないでしょうか。
ヤマケイから、判明している範囲内の登山道情報が発表されていますね。
以下のリンクからご確認ください。
ヤマケイオンラインニュース「台風19号による登山道の影響について」へ

以下に、10/23時点の情報(他からの情報も組み込みました)をまとめます。

高尾山
1号路 登山口~リフト山上駅 10/24から通行可になります
2号路 通行可
3号路 通行可
4号路 通行可
5号路 通行可
6号路 通行不可
稲荷山コース 通行可
裏高尾
金毘羅道 通行不可
日影沢林道 通行不可
蛇滝コース 通行不可
いろはの森 通行不可
南高尾
大垂水~大洞山 通行不可
中沢峠~西山峠 通行不可
奥高尾 
尾根筋は通行可ですが、巻道・下山コースが厳しい。
高尾山へ戻ったほうが無難です。

他の地域については、以下のリンクからご確認ください。
奥多摩ビジターセンター 登山道・道路状況一覧
御岳ビジターセンター 登山道・コース状況
西丹沢ビジターセンターブログ
神奈川県自然歩道調査
二子山山系自然保護協会
歩楽里横瀬 登山者向け情報

関東周辺(高尾・奥多摩・奥武蔵)の情報をまとめました。
かなり厳しい状況ですね。
登山計画の際は、事前に現地情報を取得してくださいね。
ヤマケイ・ヤマレコの情報、現地のビジターセンター情報、自治体の情報など、
複数の情報を取っておくと安心ですよ^^
「峠の涼風」も当分、バリエーションルートは見送りにします。

(おしまい)

2019年10月9日水曜日

山登りの歳時記-11月はどこへ行く?

11月といえば?
ボジョレ・ヌーボーの解禁日がある!という呑み助も
いるかも知れませんが、日本人なら七五三ですかね。
女の子は3歳と7歳、男の子は5歳が対象ですね。
七五三の起源は、室町時代と言われています。
その年まで無事に成長したことへの感謝と、
ますますの成長と幸せを神様にお願いする日ですね。
七・五・三の数字がつく山へ行くのもいいかもね^^
さて、11月はどこへ行こうかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月01日(金) 筑波山神社御座替祭 南伊豆町太鼓まつり(~11/2)
11月02日(土) 奥武蔵ハロ-ウィントレイルフェスタ2019
11月03日() 文化の日 富士宮祭り(~11/5)
11月04日( 振替休日
11月08日(金) 立冬 那須岳閉山祭
11月10日(日) 逗子トレイル駅伝 in神武寺と秋のアウトドア祭り
11月12日(火) おうし座流星群北群極大
11月15日(金) 七五三
11月21日(木) ボジョレヌーボー解禁日
11月22日(金) 小雪
11月23日() 勤労感謝の日
11月30日(土) 加波山登山競争

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
峠の涼風では2018年の11月に、こんな山に登りました。

11月03日 源次郎岳
急きょ、行先を源次郎岳へ変更しました。
紅葉の色づきが、まさに最盛期!
赤と黄色の中の山歩きになりました。
写真は、林道そばの休憩所から見あげた空です。
11月10日~11日 官ノ倉山~嵐山渓谷
初日の官ノ倉山へのアプローチは苦労させられました。
かなり道迷いしましたね。
バリエーションから強引に尾根に登り山頂へ。
夜のテント泊は定番のBBQでした。
写真は、月川荘キャンプ場へ向かう橋です。 
11月23日 鹿倉山
バリエーションの奥多摩南岸から登りました。
途中には1か所、15㎝幅の斜めの滑りそうな道が…
足が滑ったら、湖にドボンですね^^;
写真は途中にあった倒木のジャングルジムです。




(おしまい)

2019年10月5日土曜日

彼岸花は見ごろだった 寺坂棚田

寺坂棚田の彼岸花、満開の一歩手前といった感じで、
今がまさに一番の見ごろかな…と思いました。
彼岸花鑑賞のあとは、そのまま帰るのでは「もったいない」と、
日向山まで足を伸ばすことに…
さらに丸山まで行こうかなと日向山で休憩していたら、武甲山の方で嫌な音が!
そう、例のゴロゴロという音です。 見上げると頂上に黒い雲が! 
これは「早く帰れ!」という天の忠告ですな…と…
尾根筋を外し、沢沿い経由を早足で下りました^^;
それじゃぁ時間がかなり余った?
いえいえ、芦ヶ久保の道の駅で一人宴会で時間調整しましたよ(当然です!)
月曜日で人も少な目だったので、かなり目立ったかも…
アルコールが入っているので恥ずかしくありません(キッパリ)

9月30日(月)
寺坂棚田~日向山
所要時間:4時間30分
コース:
横瀬駅~寺坂棚田~(街中を適当に)
~琴平神社~日向山~沢沿い~
道の駅「芦ヶ久保道」で一人宴会


横瀬駅~寺坂棚田
方向だけを見定めて、適当に歩きます。
20分ぐらいですね。
月曜日だというのに、カメラマンが多かったなぁ~
それでは、見ごろの彼岸花と棚田風景をどうぞ!
日向山方向です
白い花も咲いていました









秩父の盟主、武甲山です
武甲山を背景に…










このあたり七分咲きかな?
のどかだなぁ~