Multi-lingual translator

お知らせ

お知らせ
2019年山行記録のスライドショーが完成しました(2020/01/26)
1/26弘法山~阿夫利神社下社は中止となりました(2020/01/22)
避難小屋泊は4/24~4/25に変更。槇寄山~三頭山~ヌカザス尾根」に決定。このコースはオツネノ泣坂の伝説のコースとなります(2020/01/14)

2019年10月28日月曜日

大雨の関東から沖縄へ

10月16日~23日に2年連続ですが、
沖縄へ行ってきました。
沖縄は台風銀座と言われるほど台風の多い地域ですが、関東と違って、被害はほぼ皆無だそうです。

理由を羅列すると以下になります。
古い建物でもほとんどが石造り、  新しい建物は鉄筋コンクリート。
台風慣れしていて、社会の仕組みが台風前提になっている。
台風に対する先人の知恵が蓄積されており、子供でも教育されている。
河川が短く、溜まった水はすぐに海へ流れ出す。


行程(中6日)
1日目 車海老レストラン「珠屋」・比地大滝トレッキング・
          オクマプライベートビーチ&リゾート
2日目 備瀬のフクギ並木・ハイアットリージェンシー瀬良垣
3日目 本部港・オリオンビール工場・道の駅許田
4日目 イオンモール沖縄ライカム
5日目 沖縄そば「むかいや」・東南植物楽園
6日目 齊場御嶽・ひまわりの塔・カフェくるくま・琉球ガラス村・
     道の駅いとまん・国際通り

前回行かなかったマイナーな場所中心に、グルメ旅行を楽しみました。
印象に残ったお勧めの場所を紹介しますね。



車海老レストラン「珠屋」
 沖縄は車海老の養殖地として、日本最大だとか…
 これは知りませんでした。
 ちなみにここの車海老、大きくておいしいですよ。
 名称がゴジラという大型も売っています(名前がいいですね)
 海老好きの方は、ここをはずしてはいけませんよ^^b
オクマプライベートビーチ&リゾート
 1日1組限定・日付指定でスイートルームに宿泊できます。
 なんと3人宿泊(朝食付)で35,000円(72%割安)でした。
 一瞬、訳あり部屋(何かが真夜中に訪問するとか^^;)かと思いましたが、
 霊感がないせいか、何もありませんでした。
 バーでの飲み食いも無料。夕食もリーズナブルなのでお得感満載です。
   サンセットが素敵なホテルでした。
比地大滝
 往復90分~100分ぐらいのトレッキングコースです。
 沖縄の渓流沿いを満喫できます。
 何組かとすれ違いましたが、全員、アメリカ人?でした。 
 体格のいい方が多かったので、アメリカ軍の方々でしょうか?
 観光客はあまり来ないようですね。
備瀬のフクギ並木
 レンタルサイクルで並木を廻りました。
 フクギ並木もよかったですが、入口にある一福茶屋がお勧めです。
 インスタ映えのするかき氷が絶品でした。
ハイアットリージェンシー瀬良垣
 娘の勤務先なので宣伝しますね^^;
 ただ我々は従業員価格(料金は非公開)ですが、通常価格はお高めです。
 ただホテルの施設とか、料理の味は格別です。
 朝の散歩中にホテルの磯で写真を撮っていたら、突然の波しぶきが…
 体半分びしょ濡れ!それまでのカメラのデータがすべて消えました(泣)
沖縄そば「むかいや」
 あまりにマイナーで、観光客は行かないと思います。
 ただ地元の人には有名なお店で、朝一番の開店前に行ったのですが、
 すでに並んでいました(しかもすぐに売り切れになるとか)
 このお店の特徴は、三種のスープ(醤油・塩・味噌)が好みで選べること。
 欲張りな方には、小盛で3種類同時注文セットもあります。
 いままでで食べたソーキそばで、一番おいしかった^^
東南植物楽園 
日本最大の亜熱帯植物園だそうです。
なんでも夜にはイルミネーションに彩られるとか…
特に蛍の季節には、幻想的な風景を満喫できるようですね。
下のウサギとカメの写真を偶然ゲットしました。
親ガメの上に子ガメ(ではなく)ウサギを乗せて~♪

カフェくるくま
太平洋を見渡せる高台にあるアジアン・ハーブレストランです。
人気なのか、待ち時間があります。
ただ絶景を見ながらの料理は格別ですね。
1品ごとの量が多いので、食べ過ぎにご注意を!
こちらもインスタ映えする料理が満載です^^
アグーソーセージのカレー
プーパッポンカリー

風車のそばを通ります
お店から太平洋を一望








なんだか食べ物のお勧めばかりですね。
まあ有名所は去年満喫したので、今回は食べ歩き中心になりました。
道の駅のB級グルメもおいしいですよ^^
ただ残念なことに写真は、
ハイアットリージェンシー瀬良垣の水浴びで台無し(泣)
後半の分しかないのが残念です。

(おしまい)