Translate/言語翻訳

2018年7月30日月曜日

酷暑の関東脱出 沖縄NOW③

21日(土)からは、沖縄在住の娘が合流!
最も行きたかった北部へのドライブが始まりました。
特に山登りが趣味の人には、唯一のトレッキングコースになります。
「峠の涼風」のみなさんクラスだと、物足りない歩行時間ですが…

スケジュール 中盤
21日(土)恩納村万座毛(車移動)
22日(日)大石林山辺戸岬(車移動)
メンバー:夫婦と娘の3人
中西部の「恩納村」周辺
北部の「大石林山」周辺












恩納村瀬良垣島
まずは娘が出向中のホテルハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド
まだオープン前のため中に入ることはできませんので、外からの写真だけ。
ちょっとの宣伝でした^^
ここで耳より情報です。
娘に聞いて初めて知ったのですが、
沖縄にホテル宿泊客専用のプライベートビーチは存在しませんとのこと。
ただホテルの管理領域なので、駐車料金(1,000円ぐらい)が発生するようです。
高いリゾートホテルに泊まらなくても、利用できますよ^^b
気が引けるならランチだけの利用にするとか、
さらには、ジュースだけ買うとか(笑)
駐車場入り口から撮影
湾をはさんで全景を撮影




御菓子御殿
沖縄の定番のお土産と言えば? 
サーターアンダギー
それは家庭のお菓子ですね。
黒糖版は味にふくらみがあり大好きですが…
ただお土産と言えばやはり、紅いもタルトでしょう。
ということで、御菓子御殿を覗いてみました。
制作風景をガラス越しに見学できます。


どらはお菓子ではなく、琉球ガラスの泡盛セット購入。
セットのとっくりとぐい飲みが輝いています。
いまは自宅の棚に鎮座中…
いつ飲もうかなぁ~と、毎日考え中^^;

琉球ガラスてぃだ工房
綺麗なガラス製品が並びます。
ここでは、コップ作りやとんぼ玉作りが体験できます。
体験まではしませんでしたが、ガラスの表札の購入を検討中。
自宅表札スペースのサイズが不明でしたので、今回は見送りました。
購入するときは、娘に依頼ですね。

万座毛
絶壁の景勝地です。
あいにくの台風通過後の曇り空なので、景色はいまいちです。
それでもいいところですよ。
百聞は一見にしかず!
この先が万座毛です
崖が現れました









たまには家族写真も
後ろの崖下もパチリ!











残念なのは台風通過直後なので、お土産ショップは閉店状態でした。

おんなの駅-なかゆくい市場-
女性専用の駅?
いえいえ女(おんな)ではありません、恩納ですよ。
おいしいものを食べたいと行ってみたのですが、
やっぱりというか一部を除いて閉店状態です。
ということで、水分補給のみでした。
まあ、台風通過直後ですからね~



大石林山
今回の沖縄旅行で、一番行きたかった場所です。
前半は奇岩の中を登るコース。
後半はやんばるの森の中を歩くコースです。
あの先かなぁ?
車を走らせると、見えてきました









唯一の家族全員写真
あのピークを目指します













道は整備されています
東シナ海を一望



宇宙人が隠れてる?
奇岩の連続です。
宇宙人らしき岩を発見しました^^

後半はやんばるの森を歩きます。
ちなみに家族は園内バスで先回り(歩き戻り拒否!)
ということで、どらだけの森歩きでした。
大きなガジュマルの木が印象的な森です。
地元では「歩く木」と言われています。
理由は後述^^




そしてやんばるの森コースへ突入!
こんな道を歩いていると
ガジュマルが現れました










正面からパチリ
歩く理由
1.新しい枝から蔓が垂れてきます
2.蔓が地面に着くと根が生えて幹に成長
3.古い幹は栄養を取られて枯れていき
4.結果、新しい幹方向へ木が移動
面白いですね^^




森が時々開けると
人を入れて大きさ確認
ただし、人と会ったのはこのグループだけでした。
これ全員、同グループです。






辺戸岬
沖縄最北端の岬です。
ここまで来ると、観光客は少ないですよ~
中部までは、レンタカーナンバーの車が多かったのですが、
北部では、ぐっと少なくなります。
本当は晴れた風のない日に見たかったな…
今日は風が強く、海は荒れていました。
もうすぐ岬の先端です
岬の先は東シナ海


広々としたいいところです

奥には大石林山がどうどうと…
















晴れていたら透き通る海を楽しめたのですが、波のある風景もいいかも…
ここが一番のお気に入りでした。

次は「酷暑の関東脱出 沖縄NOW④」へ