Translate/言語翻訳

お知らせ

お知らせ 
今週から暖かくなるので、いよいよ花粉の季節到来かな?花粉の特集記事はいかが?(2019/02/18)
御岳山~吉野梅郷(3/9)は、ハナネコノメ目的の夕焼小焼~日影沢に変更しました(2019/2/16)
中倉山のお泊り山行(1泊2日)を6月1日~2日に前倒ししました(2019/2/9)
2月のヘッダー画像:星ヶ山~幕山下山時の湯河原梅林 (注)星ヶ山は迷路の奥です。自信のない人は幕山だけにしてね^^;(2019/2/1)
動画と音楽のページを趣味のページでまとめました(2019/1/19)

2016年4月9日土曜日

あさぎまだら~時の旅人


写真提供:足成
新しいオリジナルソングをアップしました。
1年半ぶりの作曲・作詞です。
実は、昨年の三つ峠で初めてこの蝶々を見ました。残念ながら写真に収めることはできなかったのですが、調べてみると驚きの生態を持っている蝶々でした。
儚い一生でありながら、その力強い生きざまに感銘を受けました^^



渡りをする蝶々のスライドショーはいかがでしょう?
動画へのジャンプ



アサギマダラは、2000km以上を飛ぶ個体もあるとか!
全部じゃぁないですが、春に台湾方面で羽化し、
海を越えて日本にやってきます。
関東では、八ヶ岳や御坂黒岳あたりに乱舞するようです。
その後、日本で羽化し成長した子供世代のアサギマダラは、
南へ向かい飛び去っていきます。

実は、アサギマダラの生態はまだよくわかっていません。
渡りをする理由も諸説あり、不明の状態です。
マーキングといって羽に捕獲場所などの情報を記入し、空に放します。
それを別の地で捕まえることにより、その移動ルート、移動距離を
調査するという方法をとっています。
このマーキング調査は、誰でも参加できます。
皆さんもいかがですか?

しかし、不思議な蝶々ですね^^:
何故、渡りをするのか?
小さな体のどこに、遠い距離を飛ぶ力があるのか?
もっと不思議なのは、海の上を飛ぶとき、休まないのか?

あと面白いのは、体内に毒を持っているため、
鳥に狙われないという生き残り戦略をとっていることです。

夏は、アサギマダラを探す山登り(八ヶ岳)を計画する予定です。

おしまい