Translate/言語翻訳

お知らせ

お知らせ 
プロフィールを更新しました(2019/1/11)
●国別アクセス数をブログの下部に表示するようにしました(2019/1/15)
●豚さん(女性)が加入しました(2019/01/17)

2018年11月15日木曜日

廃道の迷路?官ノ倉山・色彩の嵐山渓谷(1)

1日目(官ノ倉山)はピンクリボンだらけの廃道に悩まされた探検コース。
2日目(嵐山渓谷)は赤や黄色に彩られた渓谷美を堪能するキャンプ。
迷路のような探検コースから始まり、タクシー運転手の意外過ぎる反応、
現地調達食材によるBBQタイム、燃える炎に癒される夜…
翌日は色彩の渓谷美を堪能し、そして近くの山へのハイキング…
記憶に残る北武蔵の楽しい2日間でした。

11月10日(土)~11日(日)奥武蔵
1日目 官ノ倉山
2日目 嵐山渓谷
参加者:よっちゃん、ビビ、どら
廃道から見上げる官ノ倉山
登り口がなかなか見つからない
翌日は嵐山渓谷を散策
まさに色彩のグラデュエーション











山頂の東側がピンクリボンの廃道の迷路
みなさんが逆回りにする理由に納得^^;
1日目:石尊山~官ノ倉山
小川町駅~八幡神社~長福寺~
北向地蔵~廃道の迷路~
強引な斜面登りから登山道復帰
石尊山~官ノ倉山~天王池~
宮ノ下~東武竹沢駅=電車=
小川町駅=TAXI=嵐山渓谷




色彩豊かな嵐山渓谷
すぐそばの大平山経由で下山しました

2日目:嵐山渓谷~大平山
月川キャンプ場~嵐山公園散策
~大平山~千手堂~三差路
~武蔵嵐山駅











参加者のコメントへ
集合写真へ 登録者のみ

小川町駅~八幡神社
紅葉が色づき始める武蔵路の里…
八幡神社では境内を抜けていきました。
出口の階段で、苔に滑り尻餅をつきました(誰が?どらですよ^^;)
とくに怪我はしていませんが、上下にバウンドしたそうです。
どらって、お尻の肉が厚かったっけ?
地元の夫婦に「ここはゴルフ場開発地なので廃道だらけですよ」と注意喚起。
本当でした(しみじみ)

八幡神社~北向不動~無名のピーク
北向不動からは、何度も道が交錯します。
すべての道にピンクリボン、ただし標識はありません。
方向も同じ方向がたびたび… これは選択判断が難しい…
そこらじゅうで道が消えてしまいます。
みんなが逆周りにしているわけだ^^;
そしてお腹がすいたので無名のピークへよじ登る。
最初はこんな舗装路から
無名のピークでお食事中










無名のピーク~官ノ倉
山頂はすぐ目の前なのに登山口が見つからない。
仕方がないので、山の斜面を強引に登り始めました。
まずは10m、さらに10m…登りはじめるとついに踏み跡が…
帰宅後地図を精査したところ、この踏み跡は、
谷に切れ落ちていた行き止まりの廃道に繋がっているようです。
やっと石尊山に到着
ここで初めて登山客と遭遇^^
本日の目的地に到着
官ノ倉山には若者の団体











官ノ倉山~天王池
山頂から先の方向は、分かりやすい登山道が続きます。
天王池では、錦鯉に見とれていました。
立派な錦鯉たち
天王池を眺める2人


天王池~東武竹沢駅=小川町駅
里の風景を楽しみながらの下山でした。
当初は小川町駅まで歩くつもりでしたが、電車の待ち時間を見て乗車することに。
小川町駅前のヤオコーで食材調達!

小川町駅=TAXI=嵐山渓谷~月川荘キャンプ場
タクシーの運転手に「嵐山渓谷まで」と伝えると…
運転手 「嵐山渓谷?」シーン…
我々  「えっ?」
運転手 「ちょっと待って」 アセアセ
 他の運転手に行き方の相談に行く
 相手の運転手が苦笑い
 我々も苦笑い(このあたりの観光地って、和紙の里か嵐山渓谷だけなのに…)
そして降りる頃も、
運転手 「このあたりかな」 まだ早すぎるよ
 結局、嵐山渓谷BBQ場で降りて、15分ほど歩きました。

たぶんこの運転手、新人なんだろうなぁ~
代表的な観光地ぐらい、デビュー前に調べていてほしい…と
思うのは「どら」だけ?

廃道の迷路?官ノ倉山・色彩の嵐山渓谷(2)へ