Translate/言語翻訳

お知らせ

お知らせ
7月26日(金)の谷川主脈縦走の募集を開始しました(2019/06/17)
6月7日に関東甲信越は梅雨入りしました(2019/06/08)

2019年1月15日火曜日

名は体を表す、笹の道を行く笹尾根

バリエーションの藤尾BSから入る笹尾根。
スカイブルーの下、奥多摩の絶景を左に見ながらの尾根歩き。
絶好の登山日和でした。
適度なアップダウン、笹の道、葉っぱを落とした樹木の枝、
冬の笹尾根、好きなんですよねぇ~

1月14日(月)中央線沿線
行先:笹尾根
参加者:グッチ、オッチィ、どら
コース: 所要時間 5:45
上野原駅=(バス)=藤尾BS~
笛吹峠~小棡峠~土俵岳~日原峠
~浅間峠~新山王橋BS=(バス)
=上野原駅

参加者のコメントへ
集合写真へ 登録者のみ

藤尾BS~笛吹(うずしき)峠
笛吹峠にて
登山口までの道が、標識がないせいか難しい。
ここかなと登るとお墓がいっぱい。
上部に登山道がありそうな雰囲気ですが、
濃い藪に阻まれて登れず。
仕方がないので少し戻り、建物の横を抜けると
登山道発見!
ただし、住民の庭を抜けたようで、
通過時に目が合って「ごめんなさい」…と
一家団欒の邪魔をしてすみませんでした
(反省しています)
「びっくりしただろうなぁ…」
登山道に入ってからは、あまり踏まれていないせいか荒れ気味の道が続きます。
といっても、道ははっきりしていますのでご安心を^^b

笛吹峠~小棡(こゆずり)峠~土俵岳
絶景の大岳山をゲット
笹尾根らしい笹の道が現れます。
右に丹沢の山々、左に奥多摩の山々を眺めながらの
山歩きです。
ただ遠くの方が霞んでいるせいか、
富士山には出会えない…(残念)
でもところどころ伐採されているので、
そのたびに他の絶景をゲット。
空も真っ青だしね^^
そして土俵岳で昼食。
土俵岳からの大岳山には感動しました。
笹の中を歩く2人
今まで見た大岳山で、一番きれいかも!









やっと日原峠到着
土俵岳~日原(ひばら)峠~浅間(せんげん)峠
小さなピークの昇り降りが続きます。
結構、疲れますね…
浅間峠では、土俵岳を先に出発したおじさんと
再会しました。
「早いですね」と一言。
たしかに今日は順調なスピードでしたね。

浅間尾根~新山王橋BS
浅間尾根からの下山は、退屈な道が続きます。
同じような風景が続くので、写真はなし!です。
標準タイム以上のスピードなら、5:08のバスに間に合うかも…と急ぎます。
「誰かが走ってバス止めて~」の指示が後ろから飛びます。
周りを見ると、そして見なくても、走るのはどらの役?…(ですよね)
ということで、走らせていただきました^^;
もっとも、最後尾も余裕をもって8:06に到着。
十分に間に合いました(走らなくても間に合ったと思う)

今日は各ピークでの写真撮影を、すべて忘れました。
何かを食べると撮影を忘れる癖が治りません^^;
何故だろう…???

(おしまい)

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ軽登山・トレッキングのランキングへ