Translate/言語翻訳

お知らせ

お知らせ
右欄表示のカレンダーの1月分のテキスト表示が反映されないエラーが発生しておりますこと、ご容赦ください(2019/12/7)
蛭ヶ岳山荘でお会いした男性「シゲ」さんが入会されました(2019/11/21)

2019年5月14日火曜日

日本一長い名前の山へ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山

大人気の大菩薩嶺は避けて、その隣の二座を計画しました。
天に向かって乱立する縞枯れの樹の柱。
360度の絶景が拡がる枯れ笹の稜線。
遠くに霞む富士山、八ヶ岳、南アルプス、奥秩父の山々…
登山日和の前半とは打って変わって…後半は? 
恐ろしい雷さんとの競争でした^^;
ちなみに当ブログでは、過去に雷の記事があります。
下山はラッキーの連続でした。

左:笹原の尾根筋が続く
右上:縞枯れの林 右下:バイカオウレン











5月12日(日)
牛奥ノ雁ヶ腹摺山~小金沢山(大菩薩山系)
参加者:よっちゃん、ぷう、ナカちゃん、かずちゃん、どら
コース:
すずらん昆虫館9:00~パノラマ岩~牛奥ノ雁ヶ腹摺山~小金沢山~
狼平~(斜面へエスケープ)~石丸峠~15:10小屋平BS

参加者のコメントへ
集合写真へ 登録者のみ


すずらん昆虫館~パノラマ岩
フデリンドウがあちこちに咲いていました。
小ぶりなので、写真はあとでいいやと…
これが失敗! 二度と現れませんでしたとさ^^;

フデリンドウはこのあたりまで
そして縞枯れが始まる


絶景を撮影中
途中にあるパノラマ岩に登ると、絶景が広がります。
中央左の山は八ヶ岳ですね。
さらに左端奥には、南アルプスの山々がうっすらと…
霞っていますが、絶好の登山日和です。






パノラマ岩~牛奥ノ雁ヶ腹摺山
さらに登っていくと、縞枯れ帯に突入しました。
青空と枯れ木との対比が見事ですね。
天に向かう白い柱たち
もうすぐ頂上、頑張れ!










牛奥ノ雁ヶ腹摺山~小金沢山
山頂で、初めて人と会いました。
甲州アルプスの縦走路ですから、たまに人とすれ違います。
とは言っても、大菩薩峠から先の混み具合とは雲泥の違いですね。
足元にシーサーが!
お腹も膨れたところで出発!









こんな道が続きます
小金沢山へ到着










小金沢山~狼平
途中のピークで小休憩。
メンバーが、感慨深げにじっと山を見つめています。
後姿が、何かを語っていつような…
先にある山は、雁ヶ腹摺山ですね~
途中では、ウメバチソウ(梅鉢草)の群落が続いていました。
何を想っているのか?
バイカオウレン










さらに続く笹原の道
狼平到着^^










狼平で休憩中に、空から白いものが…
「うん?」
「雹だ!」
「やばい!!」と、早速出発です。

狼平~石丸峠
天狗棚へ登り始めると、遠くでゴロゴローと嫌な音が!
山では遠くの雷でも、すぐに直下に来ることがあるので、念のため…
「これはやばい」と登山道をはずし、山の斜面のけもの道を行きます。
このあたりからは、雷との競争のため、写真はありません^^;
そして、無事に石丸峠に到着。
大菩薩峠への尾根筋歩きは断念して、小屋平へエスケープすることにしました。

石丸峠~小平BS
途中で雹交じりの大雨が降ってきました。
非常に危険な状態です。
と思った矢先、上の方で落雷と思われる音が大反響しました。
なんとか逃げ切れたようです^^b
雨の中バス停に着くと同時に、急行バスがやってきました。
本来は止まらないバス停ですが、運転手がやさしい方で、
乗せていただきました。
そういえば途中で、どらがレインウエアを着こもうかどうか迷ったのですが、
着こんでいたら、このバスは過ぎていましたね^^;
超ラッキーな下山でした。

岩場のスリルは好きだけど、落雷のスリルは嫌だなぁ…と

(おしまい)