Translate/言語翻訳

お知らせ

お知らせ
山行計画の速報欄をカレンダー形式に変更しました(2019/07/11)
ヘッダーの写真は、2018年8月撮影の一切経山(吾妻連峰)から見た「魔女の瞳」と呼ばれている五色沼です(2019/06/27)
7月26日(金)の谷川主脈縦走の募集を開始しました(2019/06/17)
6月7日に関東甲信越は梅雨入りしました(2019/06/08)

2019年5月28日火曜日

涼を求めて滝めぐり 畔ヶ丸~本棚・下棚

まだ5月だというのに、この暑さ!
下界では34度ですって (@_@)
これは沢沿い歩きだなぁと、丹沢の畔ヶ丸~本棚・下棚を行きました。
前回に続いて、滝めぐりとなりましたね。
時計回りにしてみました
理由は、帰りのバスが始発!
左から、下棚・本棚・大滝沢の途中
滝は全景が入りきらないのが残念^^;















5月26日 初級コース~中級コース
畔ヶ丸~本棚・下棚(丹沢)
参加者: かずちゃん、くばちゃん、どら
コース: 所要時間 7時間15分
新松田駅=(バス)=大滝橋BS9:05~一軒家避難小屋~大滝峠上~
畔ヶ丸避難小屋~畔ヶ丸~善六ノタワ~本棚(往復)~下棚(往復)~
16:20西丹沢ビジターセンター=(バス)=新松田

参加者のコメントへ
集合写真へ

大滝橋~一軒家避難小屋
渓流沿いに入るまでが暑いですね。
頻繁に渡渉がありますが、変化に富んで、飽きないコースです。
尾根歩きもいいですが、夏は沢歩きもいいですね。
あれ? 夏じゃないか! まだ5月でした…
出会ったのは2組だけでした。
先を歩いていた単独男性を、いつのまにか追い抜いていたり…
家族連れのお子さん達の頑張る姿に癒されたり…
最初の渡渉
渓流沿いを行きます


あっ!奥に階段があります

何度目の渡渉だろう?

やっと、避難小屋に到着








フルーツポンチで乾杯!
















一軒屋避難小屋~畔ヶ丸避難小屋~畔ヶ丸
沢を抜けた後は、妙に長く感じました。
実際はそれほどでもないので、多分、暑さのせいですね。
どちらの避難小屋も少人数なら泊まるのもいいかもね^^
ただし水場がないのが欠点ですが…
沢沿いと違って暑い!
畔ヶ丸避難小屋に到着










畔ヶ丸~善六ノタワ
やっと着いたぞ!!
畔ヶ丸山頂には、4~5組が休憩していました。
食事中に、はしゃぎ回るワンちゃん2匹のよだれが
同行者の服を直撃!
笑ってはいけないけど、笑ってしまいました^^
なんでも幼いころに、
ワンちゃんに追っかけまわされたトラウマがあるとか。




そして本日の目的のひとつ、稜線のシロヤシオ鑑賞…のはずが…
探せども、探せども…ショボイのしかない(泣)
写真写りが悪そうで、シャッターを押す気が起きませんでした(残念)

善六ノタワ~本棚~下棚~西丹沢ビジターセンター
このあたりから後ろの方で、妙な動物の鳴き声らしき音が!
「ホ・ホ・ホ・ホ・ホ」
「ホイ・ホイ・ホイ・ホイ・ホイ」
「ヨッ・ヨッ・ヨッ・ヨッ・ヨッ」
なんだ?なんだ?
同行者の歩く掛け声でした。
それぞれに意味があるそうで、ホはスリルのある階段下り。
ホイは軽快に降りることができる階段下り。
ヨッは何だっけ? 忘れました^^;
と、そうこうしているうちに本棚と下棚それぞれのピストンへ。
本棚を見上げる2人
下棚も負けていません

















このあたりで4歳の男の子のご家族に遭遇。
勇敢にも岩を乗り越えていくたくましい後姿!
「頑張ったね~」 「すごいね~」 と思わず声掛け。
どや顔に癒されました。
将来、アルピニストになるかもね(笑)

最後に出会ったお花さんたちを^^b
クワガタソウかな?
ナガバノスミレサイシン










コンロウソウかな?
ハナニガナ










(おしまい)