Translate/言語翻訳

西日本豪雨被災地支援・TV朝日どらえもん募金 へのご協力、ありがとうございました。
当募金は7月22日(日)をもちまして、終了いたしました。

2016年5月22日日曜日

奈良倉山 ギンリョウソウがいっぱい

◆5月21日(土)
◆コース:
鶴峠~奈良倉山~松姫峠~鶴寝山~山沢入りのヌタ~
林道終点~小菅の湯
◆所要時間:5時間20分
気持ちのいいショートコースでした
秀麗富嶽十二景の中で、一番人気薄の山・・・のはずが・・・
当日の奈良倉山(5番)は、人気の山でした。
それにしても、参加の皆さん健脚ですねぇ~
結構、休憩、写真撮影を頻繁にとったはずなのに^^
歩行時間は4時間強(標準4時間30分)とは・・・脱帽です!
一本前のバスに間に合っちゃいました^^b
コメントへジャンプ
山行写真へ 登録者のみ

◆参加者: ビビ、アビー、ぷう、めーちゃん、どら
残念ながら富士山とは対面できませんでした。
でも、どらの心の目には見えていましたよ^^b
さて、奈良倉山では富士山とは会えませんでしたが、
たくさんの癒しと感動と驚きに出会うことができました。

◆たくさんのギンリョウソウとの出会い
鶴寝山周辺で、たくさんのギンリョウソウに出会いました。
目を凝らすとあっちこっちに・・・
こんなにたくさんのギンリョウソウに出会ったのは初めての経験です。
これだけでも来てよかったぁ~
どら得意の下から覗き
押し競まんじゅう中
◆気持ちのいい登山道
黄緑の広葉樹林帯を行きます。
癒されましたぁ~
鶴寝山では、メンバーの一人があおむけに寝そべっていました。
昼寝してしまいそう・・・ 気持ちわかります^^
上を見上げると、こんな感じが続きます。
ほほを撫でる涼風が快適です。


◆こんなお花たちにも遭遇
ユキザサはあちこちに咲いていました。
白い花が目立ちました。
ユキザサ
ガクウツギ
チゴユリ
シロヤシオとは違うような?
◆松姫峠
松姫峠では、松姫様の話に盛り上がりました。
二人の兄の娘(3歳)と家臣の娘(3歳)を連れての逃避行。
特に武田を裏切った家臣「小山田信茂」の娘と聞いて、ちょっと尊敬。
この峠を通ったかどうかは確実な資料はありませんが、
信憑性のある場所(証拠が残っている場所)はあるんですよ^^b

通ったであろう場所
①大菩薩周辺のどこかから小菅のどこかへ抜ける
②奥多摩の檜原村に松姫の手鏡が残っている
③陣馬山周辺の和田部落に滞在の記録あり
④八王子の恩方にある金照庵にたどり着く

松姫峠で小休憩中








◆巨樹の道へ
小菅に向けて巨樹の道へ行きます。
神秘的な大木が続きます。
最初の大木
トチノキの巨樹
人面樹のように見えますが!




(おしまい)