Multi-lingual translator

お知らせ

お知らせ
2019年山行記録のスライドショーが完成しました(2020/01/26)
1/26弘法山~阿夫利神社下社は中止となりました(2020/01/22)
避難小屋泊は4/24~4/25に変更。槇寄山~三頭山~ヌカザス尾根」に決定。このコースはオツネノ泣坂の伝説のコースとなります(2020/01/14)

2019年11月19日火曜日

えっ!あの岩を登るの? 鹿岳

西上州の双子峰というか双子岩の鹿岳。
秋晴れの中の気持ちのいい山行となりました。
ピークの岩山が近づくにつれて「あれ登るの?」の声や
「ロッククライミングみたい…」の声が(苦笑)
一般登山道なので、見た目ほどではないとしてもスリル満点!
ウキウキ感がじわじわと湧き出ていたのは秘密です^^
ちなみにリーダーのぽんたさんルールで、追い抜き禁止です。
これが数々の笑いを生みました(笑)
左が二ノ岳、右が一ノ岳
この岩に登ります
二ノ岳(右)の方がスリル満点












鹿岳(西上州)
11月16日(土)テント前泊、17日(日)日帰り
参加者: こまくさ、くばちゃん、どら、ぽんた(リーダー)
コース: 所要時間 6時間30分
線ヶ滝(前泊)~線ヶ滝見物~鹿岳登山口駐車場~マメガタ峠~鹿岳のコル
~二ノ岳~鹿岳のコル~一ノ岳~鹿岳のコル~ナメ沢~鹿岳登山口駐車場

参加者のコメントへ
集合写真へ



線ヶ滝(前泊)~線ヶ滝見物~鹿岳登山口駐車場
楽しいミニ宴会で飲み過ぎたかな? 朝までぐっすりでした。
まずは近くにある線ヶ滝見物。本当に線のようでしたね。
紅葉がきれいで、今日1日楽しそうです。
線ヶ滝
岩の間から
自動車移動中に立岩発見
当初計画の行先でしたね












鹿岳登山口駐車場~マメガタ峠
紅葉真っ盛り
マメガタ峠到着
始めの舗装路歩き。
メンバーの一人が追い抜き禁止ルールを忘れていたようで、あやうく抜きそうに…
最初の大笑い発生(惜しかったな^^)
と、狩猟解禁中なので注意するようにと、
地元の方から注意喚起を受けました。
リーダーがぼそっと「注意するのは相手じゃないの…」そりゃそうだ(笑)
歩いていると、近くでバアーンと大音響!
「やばい?」
ただ音の正体はトタンを放り投げる音でした^^
そして紅葉の中へ突入です。

マメガタ峠~鹿岳のコル
さて、まずは中継点のコルを目指します。
これを登るの?
見上げています
紅葉の中を行く
もうすぐですね












二ノ岳
二ノ岳はロープ・鎖・梯子の岩場と痩せ尾根のリスキーなコースです。
壁面のトラバースもスリル満載ですよ。
高所恐怖症の人は厳しいかも…
高度感があるので、岩場中級者へのチャレンジコースですね。
もっこりピークなので、360度の展望が期待できますよ^^b
垂直ですね^^
右は奈落の底
梯子を登り中
360度の展望












中央奥に荒船山の端が見えます
妙義山ですね









頂上取ったぞ~
記念写真
痩せ尾根
鎖場を降ります





 






一ノ岳
こちらもロープ・鎖のコースですが、二ノ岳ほどスリル感はありません。
展望台でお昼休憩にしました。
この岩が一ノ岳
山頂到着
少し先の展望台












鹿岳のコル~ナメ沢~鹿岳登山口駐車場
くばちゃんからの提供
あまり特色のない下山コースでした。
ということで、写真はありません。

今回は、どらは終始、最後方をとぼとぼと歩きました。
このペースが普通だとの発言も…
前回の丹沢主稜で道中「20分遅れ」と
プレッシャーかけすぎたかな(苦笑)
ゆっくリズムの歩きも、たまにはいいかな…




(おしまい)